まわりみち

逃げ道を断つ!急がば回れ!人生はまわりみち。

年収25億円‼世界で最も稼ぐユーチューバーは小学1年生のライアン君に

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

この記事は、今話題のニュースを個人的な見解として書き下ろしたものです。

 

どうも、僕(@ai1974s)です。本日は、Forbes JAPAN 12/4(火) 10:10に配信された「年収25億円の7歳児、世界で最も稼ぐユーチューバーに」について語りたいと思います。

 

世界で最も稼ぐユーチューバーは小学1年生のライアン君

出典/Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

 

 

年収25億円‼YouTube動画「世界で最も稼ぐユーチューバー」ランキング1位は小学1年生のライアン君

 

YouTube

 

衝撃的というには大げさかもしれないが、本日(2018年12月4日)配信のネットニュースは「年収25億円の7歳児、世界で最も稼ぐユーチューバーに」が大きな注目を浴びました。

 

まずは、7歳児がYouTube動画で25億円‼というニュースにも驚きだが、「世界で最も稼ぐユーチューバー」というランキングで年収(推定)を公開するということにも正直驚きである。

 

ちなみにこの金額は、2017年6月1日~2018年6月1日の推定収入で、各種税金やエージェント、マネジャー、弁護士の費用は差し引かれていないらしい。

 

以下はForbes JAPANで公開されたランキングを引用したものです。

1位 ライアン(Ryan ToysReview)/2200万ドル

2位 ジェイク・ポール/2150万ドル

3位 デュード・パーフェクト/2000万ドル

4位 ダニエル・ミドルトン(DanTDM)/1850万ドル

5位 ジェフリー・スター/1800万ドル

6位 マーク・フィシュバーク(Markiplier)/1750万ドル

7位 エヴァン・フォン(VanossGaming)/1700万ドル

8位 ショーン・マクローリン(Jacksepticeye)/1600万ドル

9位 フェリックス・シェルベリ(PewDiePie)/1550万ドル 10位 ローガン・ポール/1450万ドル

 

しかも1位に輝いたライアン君のYouTube動画「ライアン・トイズ・レビュー」は、2015年3月16日の開設からわずか3年余りで1730万人の登録者を獲得し、動画再生回数はどれも数百万回から数十億回も再生されているからすごいとしか言いようがないです。

 

年収25億円稼ぐライアン君のYouTube動画「ライアン・トイズ・レビュー」

 

 

僕は残念ながら「英会話」には無縁であるため、ライアン君のYouTube動画の内容を理解することは「言葉の壁」により難しいが、言わんとすることは映像から想像は出来ます。

 

 映像の内容はライアン君が遊ぶおもちゃ体験を、そのまま映像化した「実体験レビュアー」です。

 

それを同世代の子たちが視聴し、映像を通しておもちゃの疑似体験をする。ライアン君の実体験が視聴者に伝われば当然、ライアン君が遊んでいるおもちゃが欲しくなる。

 

勘の鋭い方ならわかると思いますが、全員が「幸せ」になる仕組みがこれらの動画にすべて含まれています。

 

ライアン君にとって映像配信として提供される「おもちゃ」。ご両親は人気ユーチューバーである、ライアン君の実体験レビュアーによる「広告収入」。

 

視聴者はライアン君の実体験をみて、購入を判断できる「楽しみ」。商品を数百万回以上視聴されるYouTube動画で、アピールしてもらえる販売会社の「宣伝効果」。

 

すべてが「幸せ」の連鎖により、繋がっています。これってとても大事なことだと思います。

 

年収25億円‼世界で最も稼ぐユーチューバーは小学1年生のライアン君に(まとめ)

 

今や小学生の間ではユーチューバーという職業を目指す少年少女は多いです。僕も個人的な見解として大賛成です。

 

社会に依存せず「個人」で稼ぐ力を付けることは、これからの時代にとってとても大事なことです。

 

僕も会社員として20年ほど勤めていましたが、今はフリーランスとして「好きなことをして稼ぐ」ことの大事さを身をもって学びました。

 

ライアン君も僕らも皆、1日24時間という同じ時間を過ごしています。その24時間をどのように使うかが「キーポイント」です。

 

ライアン君の動画「ライアン・トイズ・レビュー」はほぼ毎日投稿されています。なかなか毎日投稿し続けるのは大変です。

 

しかし、毎日投稿することによって「今」の「ライアン・トイズ・レビュー」の物凄い結果を残すことが出来たと考えます。

 

ユーチューバーは決して「楽して稼げる」ツールではないと僕は思います。もしかするといつか「会社員は楽な仕事」なんて時代が来るかもしれませんね。

 

最後に

 

この動画を見て僕は改めて、「人に役立つことを提供する人は成功する」と思いました。

 

ライアン君の「ライアン・トイズ・レビュー」は、世の中の「欲しい」をYouTube動画で提供し、子供ならではの視点で使い勝手をレビューするという、「純粋」な気持ちだからこそなせる技です。

 

ちなみにライアン君の将来の夢は、「ゲーム開発者になる」ことだそうです。

 

これだけ「おもちゃ」に触れる機会を得ていれば、立派な「ゲーム開発者」にもなれそうな気がします。

 

今後のライアン君の成長もとても楽しみです。僕もこれからも暖かく見守りたいと思います👍

 

ライアン君の成長もとても楽しみ