まわりみち

逃げ道を断つ!急がば回れ!人生はまわりみち。

今話題のTikTok動画をはてなブログに簡単に張り付ける方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事は今話題のTikTok動画をはてなブログに簡単に張り付ける方法をご紹介するために書き下ろしたものです。

 

TikTokは今、とても面白い動画がたくさんあります。

 

そんな面白い動画をスマホアプリで手軽に見れるので、僕もちょくちょく拝見してますが、せっかくおもしろ動画を作ったのならブログで紹介しないなんてもったいないな~という思いで本日の記事タイトルでブログを作成しました。

 

あまりにも簡単な方法なので拍子抜けされそうですが、是非ともうまく活用してブログ運営のお役に立てれば幸いです👍

 

 

今話題のTikTokをダウンロードしてはてなブログに張り付けてみよう

 

TikTok公式

 

どうも、こんにちは。当ブログ管理人のai(アイ)です。

 

皆さんは今話題のスマホアプリ「TikTok」の動画を楽しんでますか?

 

僕は基本、見る専(みるせん)ですがとても楽しんでおります。

 

特に動物ネタ(ねこちゃん・わんちゃん)を見るのが大好きです。

 

僕ん家にも愛犬のミニチュアダックスがいるのですが、TikTokに投稿されているようなクオリティーの高い(笑える)投稿がまだ出来ず、すっかり見る専になってしまいました。

 

そんなTikTokですが、最近はそんなクオリティーの高い作品たちがどんどん出てきては消えていってしまうのでもったいないな~と思いつつブログに残せたらいいのにという考えを持つようになりました。

 

TikTokは公式サイトはあるが、PCでの閲覧・投稿はできない

 

 TikTokには日本語による公式サイトは存在しますが、今のところ(2018年9月現在)は閲覧・投稿はできません。

 

www.tiktok.com

 

でもせっかくなら投稿した動画や面白い動画をブログで紹介したいな~って思うわけです(先にも言ったように僕は見る専ですが)。

 

なのでここでは他のSNSなどを上手に利用してはてなブログに張り付けようじゃないかという単純な方法でご紹介していこうと思います。

 

SNS(インスタ・ツイッター)を活用してブログに張り付けよう

 

TikTokアプリはダウンロードしましたか?

 

では早速ブログに張り付ける手順を画像を使いながら説明します。

 

DA PUMP動画

 

↑↑ここではDA PUMPさんの投稿を使って説明します。

 

TikTokアプリを開いてお気に入りの動画を見つけたらシェアボタンを押してシェア先を選びましょう。

 

僕のおすすめはInstagramです。

 

はてなブログへの貼り付けが一番簡単で、動画の再生には最適です。

 

はてなブログ編集PC

 

① 編集画面は「見たまま」モードでOKです。

 

② インスタまたはツイッターボタンで任意の投稿を選んで張り付けましょう。

 

はてなブログでSNSの連携がまだの方ははてなブログに連携方法が記載されていますので確認してください。

 

help.hatenablog.com

 

ちなみにスマホ画面でも下書きでSNSの貼り付けは可能です↓↓

 

はてなブログ編集スマホ

 

では早速張り付けてみます。

 

#みんなでダンス #dance #dapump

 

インスタ投稿の貼り付けです↑↑

 

 

ツイッター投稿の貼り付けです↑↑

 

見た目も動画再生もインスタがいいと思います。

 

これでSNSを活用したはてなブログでのTikTokの貼り付けは完了です。

 

今話題のTikTok動画をはてなブログに簡単に張り付ける方法(まとめ)

 

今回、誰にでもできる簡単な方法でご紹介しました。

 

簡単にまとめると

 

☑ TikTokアプリをダウンロードする。

☑ はてなブログでSNSの連携を済ませておく。

☑ TikTokでお気に入りを見つけたら任意のシェア先を選ぶ。

☑ インスタまたはツイッター投稿をはてなブログに張り付ける。

 

今できるTikTokのはてなブログへの貼り付け方法です。

 

僕のおすすめはインスタ投稿ですが、お好きな方法でTikTok動画をはてなブログに張り付けてみて下さい👍

 

最後に

 

正直、僕より素晴らしい張り付け方をご存知の方もいるかもしれませんが、僕的にはこのやり方が一石二鳥で簡単でわかりやすい方法だなって考えてます。

 

TikTokもInstagramもTwitterもうまく活用して連携させられるという便利な機能のはてなブログは本当に使いやすいです。

 

これを機会にもっとSNSを活用して、より多くの方と楽しいことを共有できたらなって思います。