まわりみち

逃げ道を断つ!急がば回れ!人生はまわりみち。

【入間航空祭2018】多摩湖でみるブルーインパルスもいいね!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

毎年恒例行事の一つ「入間航空祭」。今年(2018年)で基地創設60周年を迎え、東京近郊でみれる航空祭の一つとしてとても有名です。

 

今回は当ブログの管理人ai(アイ)が、東京都内で見れるスポットを調べて実際に見に行った感想をまとめてみました。

 

今後の参考までに、新たな「入間航空祭」の楽しみ方をご紹介します。

 

入間航空祭2018

出典/航空自衛隊入間基地(Official) (@jasdf_iruma) | Twitter

 

 

入間航空祭を多摩地域でみるおすすめスポット「多摩湖」

 

当ブログ「まわりみち」にお越しくださいましてありがとうございます。

 

「多摩らんスポット」というテーマのもと、多摩地域のおすすめスポットをブログ記事にしてお届けしているai(アイ)と申します。

 

今回は大人気のイベント「入間航空祭」を、多摩地域で見たいという自身の願望を叶えるために調べたうってつけの場所「多摩湖」。

 

多摩湖は埼玉県との県境にある「村山貯水池」。また、隣接する東京都立狭山自然公園は、東京都東大和市・武蔵村山市・西多摩郡瑞穂町に広がる東京都立の自然公園です。

 

る東京都立狭山自然公園

出典/狭山公園 | 狭山丘陵の都立公園へきてみて!

 

一か八か「多摩湖」でみるブルーインパルス

 

多摩湖堤防でみるブルーインパルス

出典/http://www.hedara.com/kinokopage/laketama.htm

 

 私、当ブログの管理人であるai(アイ)は元埼玉県民です。

 

川越市という街に40年以上住んでいたので「入間航空祭」のことも良く知っております。

 

現在はあきる野市民として多摩地域の住人であり、多摩地域をこよなく愛しています。

 

その思いを込めて、現在このブログを書いています。

 

そのため、今回は多摩地域からみれるスポットを、当ブログを拝見してくれる方のために紹介します👍

 

とは言っても多摩湖は入間航空祭会場のある入間基地までおよそ12㎞。

 

確実に見えるとは思えない距離感ですが、そこはインターネットという文明の利器を活用して、「見える場所」探しを徹底的に行いました。

 

「多摩湖ならみれる!」

 

元埼玉県民として、現東京都民としての直観が働き、「多摩湖 ブルーインパルス」で検索。こうしてベストポジションを発見しました。

 


多摩湖上空を旋回するブルーインパルス

 

【入間航空祭2018】を多摩湖で見学&Microsoft Surface 3で撮影を試みた!

 

ブレブレの撮影のため気分を悪くするかもしれません。

 

結果、こんな感じでした↓↓

 


【入間航空祭2018】多摩湖でみたブルーインパルス

 

 Surface 3での撮影は想像以上に難しかったです💦

 

逆光など一切考えずに撮影した結果、どこ飛んでいるか見失う始末…。

 

改めてサングラスは必須アイテムだということがわかりました。

 

結論。都立狭山公園でみたブルーインパルス

 

多摩湖堤防でみるブルーインパルス

 

ここ、都立狭山公園でみるブルーインパルスは、入間基地周辺で見る派手なパフォーマンスまではっきりと観覧することは難しいですが、ブルーインパルスを肉眼ではっきりととらえることが出来ます👍

 

そして何と言っても入間基地周辺のように、人混みによる大渋滞を免れることが一番のメリットではないでしょうか。

 

 私が今日、(2018年11月3日)に行動した内容を簡単に書いておきます。

 

都立狭山公園駐車場に午前9時5分に到着。都立公園無料駐車場(45台)はすでに数十台の車が止まってましたが、無事に駐車場所確保。

 

入間基地ホームページによると、ブルーインパルスの登場は13:30~なので、狭山公園内をとことん散策する。

 

入間航空祭2018

 

幸いにも今日は狭山公園で「サヤマヒルズデイ@都立狭山公園」としてイベントが開催されていたため、様々な催物やブースが多数出店。公園内で楽しく過ごすことが出来ました。

 

サヤマヒルズデイ@都立狭山公園

 

天気も秋晴れ。家族連れやワンちゃんと共に散歩している方々や、サイクリングやジョギングを楽しんでいる方々も足を止めてイベントに参加していました。

 

 
 
 
View this post on Instagram

昨日の続き。 今日は都内近郊から楽しめる入間航空祭。 今回はどーしても都内から見えるスポットを求めて穴場探し。 一か八か目をつけたこの場所はインターネットを駆使した情報によると、ブルーインパルスが拝めるとのこと。 そう、ここは東京都東大和市にある、「多摩湖」に隣接する都立狭山公園。 初めて訪れたけど、今まで色々な公園に来て、人生の中で1.2番を争うほど、最高な公園かも👍 ブルーインパルスが飛んでくると思われる時間帯は13時過ぎ。 混雑を避けるために駐車場開錠の9時よりスタンバイ! ブルーインパルスが飛んでくるまでの間、しばし、公園を満喫しまーす🤗 詳しくは後ほどブログにUPします。 #入間航空祭2018 #穴場スポット #多摩湖 #都立狭山公園 #ブルーインパルス #西武ドーム見える #西武遊園地見える

ai(アイ)さん(@ai1974s)がシェアした投稿 -

 

13:30~多摩湖堤防でブルーインパルス撮影のためにスタンバイ。

 

Microsoft Surface 3による撮影に成功⁉しました。

 

各所をGoogleマップにまとめておきましたので、興味のある方は確認してみて下さい。

 

 

電車でのアクセス方法は西武多摩湖線「西武遊園地駅」が徒歩5分ほどで行けますのでおすすめします。

 

【入間航空祭2018】多摩湖でみるブルーインパルスもいいね!(まとめ)

 

多摩湖堤防でみるブルーインパルス

 

本日(2018年11月3日)に開催された「入間航空祭」は、お天気にも恵まれて、多くの方が来場されたと思います。

 

東京近郊で見れる航空祭は入間基地による年一回のお楽しみですし、貴重な体験です。

 

そのため、来場者数も20万人を超える勢いのため、毎年の悩みは大渋滞に巻き込まれるということがあります。

 

そこで今回、私が取った行動は、思い切って離れて見る「入間航空祭」にチャレンジしてみました。

 

間近で見る迫力には欠けるものの、入間航空祭の雰囲気は肌で感じることが出来ますし、何と言ってもここ、狭山公園の自然に囲まれた空間に来たことで、心からのんびりと楽しむことが出来ました。

 

もし、私のようにゆっくりとくつろぎながら、「入間航空祭」を楽しんでみようと思ったら、ぜひ次回の航空祭で来てみて下さい。

 

もちろん、週末ののんびりスポットとしても、この時期は紅葉もちらほら始まってきて、楽しく過ごせるので、お天気の良い週末など足を運んでみることをおすすめします。

 

最後に

 

多摩らんスポットは今後も当ブログの管理人ai(アイ)が、多摩地域にあるおすすめスポットをご案内してまいります。

 

個人ブログですので、至らない点などあるともいますが、楽しんで頂ければ幸いです。

 

今後とも当ブログ「まわりみち」を、そして多摩らんスポットの更新をして参りますので、応援の程、何卒よろしくお願いします。