まわりみち

逃げ道を断つ!急がば回れ!人生はまわりみち。

犬と僕。もう⁉真夏日対策‼

令和元年5月26日(日)。まだ5月だよね?関東地方ではすでに真夏日を記録した今日この頃、愛犬家の皆々様方はいかがお過ごしでしょう?さすがにもう、日中は暑すぎて散歩に連れていけない愛犬家の方々も多いと思う。たまにクソ暑いのに、犬をつれて散歩してい…

「人生とは 川を流れる小石のようだ。」

孔子は晩年にこう言った。『人生は川の流れと同じだ。我々は、大河の一滴である』と。筆者である私はそれに対して似たようなことを想った。『人生とは 川を流れる小石のようだ』と。石ころを人間の「人生」に例えてみた。山地で生まれた石ころ(生命)は、や…

【書評】小川糸著『ツバキ文具店』を読み終えた感想(まとめ)

数回に分けて、筆者独自の目線で感想を述べてきた、【書評】小川糸著『ツバキ文具店』。本書の構成は季節ごとに分けられており、物語は|夏|にはじまり、|秋|、そして|冬||春|と、四部構成となっております。そして筆者は|夏|と|秋|をそれぞれ読み終えたとこ…

ホリデー快速鎌倉号に乗って古都鎌倉へ

ゴールデンウイーク10連休の最終日。筆者である僕はなるべく出かけずに、近所で過ごすということにした。有言実行どおり、このゴールデンウイークは愛犬との時間を十分にとり、自宅の近くで過ごしていた。また、大好きな読書の時間も十分確保した。そこで僕…

【書評】小川糸著『ツバキ文具店』を読んでみた|秋|

神奈川県鎌倉市を舞台に、家業であるツバキ文具店の十一代目なった、主人公の鳩子(通称:ポッポちゃん)。そんなぽっぽちゃんが、家業であるツバキ文具店の代書屋としての生きざまを描いた本作品は、季節ごとに文章が綴られており、鎌倉の季節感を垣間見る…

秋川ファーマーズセンターで東京牛乳のソフトクリームを食す!

2019年も5月になり、じわりじわりと気温も上昇し、すでに夏日を記録する日もちらほら出てきた東京多摩地区。そんな日はやっぱりアイスクリームが旨い!そしてソフトクリームを見かけると無性に食べたくなる。そう思いません?筆者はそう思います!ソフトクリ…

犬と僕。2019年のゴールデンウイークは愛犬とのんびり過ごす。

2019年は新時代「令和」が始まり、世間一般では10連休というゴールデンウイークの中、筆者はいつも以上に愛犬とのんびりと過ごしています。毎年のことながら、ゴールデンウイークといえば、どこ行っても混雑するというのに、それでも懲りずにお出かけする方…

【書評】小川糸著『ツバキ文具店』を読んでみた|夏|

小川糸著『ツバキ文具店』の舞台は神奈川県鎌倉市。文中の目次構成は|夏||秋||冬||春||の4部構成になっている。実は筆者である私は、令和元年初日の2019年5月1日に、この作者と本の存在を知った。本作品はベストセラー作家である、小川糸氏の長編小説である…